ゴールド等の宝石や指輪をジュエリーリフォームしたい場合には?

所有者がどういう保管方法や使い方をして来たかにもよりますが、宝石も壊れたり傷が付く事があります。家族から譲ってもらったけどデザインが古かったり使い難いという様なケースもありますが、そういう場合に使いやすいデザインに宝石を作り直す事をジュエリーリフォームと言います。指輪をネックレスにしたり、イヤリングを指輪にしてみる等色々なパターンがあり宝石も選びません。今回はそんなジュエリーリフォームの詳細について、チェックポイントを1つずつ見ていきましょう。

ジュエリーリフォーム後の姿をよく考えておく事が重要です。

ジュエリーリフォームをしたい場合、特に重要なのは宝石を作り直す目的と、それに合ったデザインを選ぶという事で頭の中を整理しておく事です。大抵の場合は仕事を請負う会社が、デザイン案を複数用意したカタログを提示し、その中から気に入った物を選ぶ事になります。余程特殊な条件が無ければ宝石の種類で加工出来ない様な事はありませんが、デザインが多いという事はその分考える余地が出て来るという事です。普段から愛用しているのでしたら、使いやすさを重視した作りに変えてもらう考えもあります。
経年劣化が見え始めているけどデザインは気にいっており、大きく変えるのは怖いという様な場合は、付けて歩いたりはしないけど、見て楽しみたいというのでしたら、実用性よりも見た目重視のデザインで大きく変えてもらうというのも1つです。ゴールドの指輪と他の宝石と融合させてみる等の大きい改変も出来ます。どの方法を実施するにしても、自分で一応の方針を決めておいた方が段取が早くなりますので、しっかり考えておく事をお勧めします。会社への依頼ではなく、自分で行う時にも重要なポイントです。

ジュエリーリフォームを自分で行う場合の注意点です。

大阪近辺等では、宝石の愛好家も多く簡単なジュエリーリフォームを自分で実施する人達も少なくありません。大規模にペンダントを指輪に作り替える様な作業はプロ案件になりますが、チェーンの長さを変えたり付け替えたりするといった補修の範囲でしたら一般人でも比較的簡単に行えます。ただ、注意点もあり、宝石の性質を事前に良く調べておく事をお勧めします。
真珠等で発生しやすいですが、材質によっては傷が付きやすい宝石も多くあります。中には指摘されても気づかない様なレベルのダメージもありますが、簡単に深い傷跡になってしまうケースも多いです。修復方法としては研磨で消せる事もありますが、材質によっては諦めるしかない事もあります。リカットという事で損傷部分をカットする方法もありますが、大事な宝石であれば相応のショックがある事は否めません。金も合金になっていない純金であれば、やはり強度が弱いので簡単に曲がったり、傷が出来る事も多いです。中には、最初から一部パーツが取り外し可能になっている物もありますが、不安がある場合は必ずプロに相談する様にして下さい。

金は性質を熟知しておくと結果が相当変わる宝石です。

金は銀と違い、酸に強い上錆び難いです。昔から親しまれてきた宝石の1つであり、メンテナンスやジュエリーリフォームも比較的容易に実施出来ます。ただ、注意が必要なのが純金である24金になってしまうと強度がとても脆くなるという点です。宝石に使われているケースは滅多にないですが、該当していた場合は扱いには細心の注意を払って下さい。宝石に使われる場合は大抵は18金で、他の金属を混ぜる事で通常の宝石として使える程の強度を持っていますが、それでも傷が付きやすい事は変わりありません。特にジュエリーリフォームに興味がある場合は必須条件と言えます。
手入れしたい場合には、メガネクロス等で拭くだけで十分です。この時も出来るだけ力を入れない様にします。汚れを落とす為に力を多少入れた程度でも、金の場合は傷に繋がります。市販の金専用の洗剤もありますが、他の宝石と併用されている場合に変色の原因になる事も多いので避けた方が無難です。そして手入れの際には、落下して破損しない様に柔らかい物を手入れ場所の下に必ず敷く様にして下さい。

日頃の使い方や保管方法についても確認してみましょう。

変形や傷を切欠にジュエリーリフォームを意識する様になる事は多いですが、宝石を長持ちさせる為には日頃の使い方や保管方法について確認する事をお勧めします。特に指輪の場合に多いですが、電車のつり革を握っている事や重い物を持ち上げる際に力を込めた程度でも傷が付きます。宝石の材質にもよりますが、家事の時に外さない事等も経年劣化を早める原因となります。洗剤の種類によっては宝石と化学反応を起こして変色する事や、皿洗いの最中に皿とぶつかる事等も油断出来ません。他にも拍手を切欠に曲がる事等もよくあります。宝石に関する考え方の違いは人それぞれですが、基本的に日常的に使う物であればある程、劣化は早いです。保管方法も直射日光を苦手とする宝石や湿度が加わると劣化が早まる様な宝石もあります。
何れも、宝石の性質を知っておく事で随分リスクを下げられますが、普段使う人であればある程いつの間にか忘れてしまう事も多いです。自分でジュエリーリフォームをする事は、そういった問題の再確認の機会にもなりますので、上手く利用する様にして下さい。

普段から簡単に出来る宝石クリーニングをしましょう。

日頃から宝石を使う習慣がある場合は、特に重要になるのが宝石のクリーニングです。ジュエリーリフォームをする時にも響いて来ますが、やっていると傷や変色に気付く機会にもなりますので見逃す手はありません。前提条件として、宝石の性質を事前にある程度調べておく事が必須となりますが、基本的にはメガネクロスやレンズ拭き等の柔らかい布で優しく拭く様にして下さい。この時、ティッシュペーパーを使おうとする人も居ますが、宝石の種類によっては傷が付く場合もあるので避けた方が無難です。
拭くだけで落ちない場合には無理して擦り取ろうとすると傷に繋がる事があるので、ぬるま湯に中性洗剤を溶かした物に数分ほど漬けおき、汚れが浮いた時点で拭き取る様にします。ただ、サンゴやトルコ石等変色の恐れがある様な宝石の時には、使えません。小さい傷でしたら、研磨剤を付けた布で擦り目立たなくなったら、中性洗剤入りのお湯で洗い流す方法もあります。この時、布や研磨剤の性質によって合わない場合もありますので、説明書は必ず熟読する様にして下さい。

ジュエリーリフォーム後の姿を事前に思い描いておく事と、宝石の性質をしっかり確認した上での作業が重要という事です。その上でクリーニング等の日頃の手入れをしっかりしておけば高い仕上がりに繋がります。後は簡単な補修のレベルを超えると思ったら、必ずプロに依頼する事です。中にはメンテナンスしやすい作りになっている物もありますが、それでもコツが要求される宝石も少なくありません。失敗すると取り返しの付かない事も多いので、気になる事があった場合には慎重になる事をお勧めします。

ご不明点がございましたら、私達ジュエリーキクヤにご相談ください。

◆◇◆ジュエリーキクヤ情報◆◇◆
ジュエリーリフォーム情報が200点以上!きっとあなたのお好みのデザインが見つかる
→リフォームページ
ジュエリーキクヤのオリジナルジュエリー 素材からこだわって制作してます
→ジュエリーページ
社長が日々起こったことを書き綴ります。毎月2000発行のキクヤ通信WEB版
→キクヤ通信
指輪サイズ直し、時計電池交換、などジュエリー時計の修理ならおまかせ下さい!
→修理ページ
ジュエリーリフォームをご利用いただきましたお客様の声
→お客様の声
皆様からお寄せいただきましたご質問からよくあるもの
→よくあるご質問
ジュエリーキクヤへのご相談・お問い合わせはこちら
◆お電話でのお問い合わせ
072-996-4130
◆問合せフォームからのお問い合わせは

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

二代目ブログ
キクヤ通信
  • facebook
  • Twitter
  • アメブロ
LINE@
TOPへ
TOPへ