December / 2017

指輪をリフォームしたい人必見!ジュエリーリフォームで気を付けるべき2つの点

指輪のリフォームを検討されている方は、大切なジュエリーを預けるのに心配ではないでしょうか?

ジュエリーリフォームでジュエリーを新しく生まれ変わらせるのは良いことですが、注意するべき点があります。

ジュエリーリフォーム前に心得ておくべきリフォームの注意点2つをお伝えしますので、あなたの指輪にも関係あるかどうか考えてみてください。

■注意点1:汚れが取れてイメージが変わることがある

ジュエリーリフォームの過程で宝石を洗浄すると、付着していた皮脂やごみが取れて綺麗になることで石の色が変わったような印象を受けることがあります。

ダイヤモンドの場合も石鹸の白い汚れが取れて、実際の黄色やブラウンの色が見えることがあります。(指輪をつけたままお風呂に入る方が多いです。)

宝石の質が損なわれているわけではありませんが、色が変わったことで印象が変わってしまうこともあるので気を付けてください。

また、オパールなど透明感のある宝石の場合、裏面にされていたフタを取ることによって透けたイメージになることもあります。

 

■注意点2:宝石のキズや内包物が見えてしまうことがある

パールやサンゴなどの有機質宝石は、隠れたところにエクボやキズが見られることがあります。

パールやサンゴ部分を大きく隠している指輪にはこのような宝石を使っている傾向があります。

指輪のままにするなら問題ありませんが、ピアスなどシンプルな造りのものにリフォームする場合は注意が必要です。

また、エメラルドなどの宝石の場合にも、裏側が実は割れていたということもあります。

 

このような宝石の特徴を十分におさえ説明できる業者かどうかというのも注意するポイントではないでしょうか。
ここでは、ジュエリーリフォームをする際の注意点を2つお伝えしました。

大切な指輪が損なわれないように気を付けて、あなたの新しいジュエリーに生まれ変わらせてあげてください。

◆◇◆ジュエリーキクヤ情報◆◇◆

ジュエリーリフォーム情報が200点以上!きっとあなたのお好みのデザインが見つかる
リフォームページ

ジュエリーキクヤのオリジナルジュエリー 素材からこだわって制作してます
ジュエリーページ

社長が日々起こったことを書き綴ります。毎月2000発行のキクヤ通信WEB版
キクヤ通信

指輪サイズ直し、時計電池交換、などジュエリー時計の修理ならおまかせ下さい!
修理ページ

ジュエリーリフォームをご利用いただきましたお客様の声
お客様の声

皆様からお寄せいただきましたご質問からよくあるもの
よくあるご質問

ジュエリーキクヤへのご相談・お問い合わせはこちら

◆お電話でのお問い合わせ

072-996-4130

◆問合せフォームからのお問い合わせは

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

結婚指輪サイズ直ししたい方が気を付けるべき2つのポイント

「結婚指輪をはめたいけど、サイズが合わなくなってしまった…」とお悩みではないでしょうか?

指輪はサイズ直しができるので、あなたの指に合わなくなった結婚指輪もまだまだ大事にお使いいただけます!

しかし、指輪をサイズ直しするときに注意する点があり、ものによってはサイズ直しできないかもしれません…。

そこで、指輪サイズ直しの注意点をご紹介しますので、あなたの結婚指輪がサイズ直しできるものなのかどうか確かめてみてください。

■サイズ直しとは

サイズ直しとは、指が太くなったり逆に細くなったりして指輪が合わなくなったときに、今の指に合わせて指輪を直すことです。

大きすぎる指輪は外れやすく紛失する原因になりますし、変形しやすくなります。小さすぎる指輪は外れなくなる恐れがあるため、指輪が合っていない方は早めに直すことをオススメします。

指輪直しの工程は大きく指輪の切断・寸法の調整・研磨の3つに分かれます。この行程が当店ではおよそ2週間かかると見込んでいてください。

サイズ直しは、一般的には購入したショップにお願いします。

ただ、ショップによってアフターサービスが異なったり、結婚指輪の場合貰った側は購入店が分からなかったりするため、貴金属店の修理に頼むという選択肢もあります。

■サイズ直しができない指輪とは?

サイズ直しができるかどうかのポイントは素材とデザインの2つがあります。
アーム部分が堅い素材や新素材で作られた指輪はサイズ直しが難しいです。

プラチナやゴールドのような柔らかい金属であれば簡単に切断できますが、ステンレスなどの堅い素材は切断しにくいため、サイズ直しを引き受けてもらえないことがあります。

新素材であるステンレスやチタンなどで作られた指輪は金属アレルギーを起こさない素材として最近使用されていることが多いため、特に比較的最近購入した指輪は素材を確認してみてください。

また、シンプルでないデザインの指輪もサイズ直しが難しいです。

シンプルなものであれば、切断することや寸法の調整をする(溶接)ことが容易です。

一方、複雑なデザイン・彫りが入っている・メレダイヤが敷き詰められているような指輪は加工部分おイメージが変わってしまったり、楕円形にすることによってサイズを合わせたりするので、ご依頼前にその点の詳しい説明が必要です。

あなたの指輪はサイズ直しができそうでしょうか?サイズ直しが難しい指輪でも、貴金属店によってはサイズ直しを引き受けてくれるところもあります。

当店では出来る限りお客様のご要望にお答えしたいと思っておりますので、生まれ変わらせたい指輪がありましたら、一度「ジュエリーのキクヤ」までお持ちください。

 
◆◇◆ジュエリーキクヤ情報◆◇◆

ジュエリーリフォーム情報が200点以上!きっとあなたのお好みのデザインが見つかる
リフォームページ

ジュエリーキクヤのオリジナルジュエリー 素材からこだわって制作してます
ジュエリーページ

社長が日々起こったことを書き綴ります。毎月2000発行のキクヤ通信WEB版
キクヤ通信

指輪サイズ直し、時計電池交換、などジュエリー時計の修理ならおまかせ下さい!
修理ページ

ジュエリーリフォームをご利用いただきましたお客様の声
お客様の声

皆様からお寄せいただきましたご質問からよくあるもの
よくあるご質問

ジュエリーキクヤへのご相談・お問い合わせはこちら

◆お電話でのお問い合わせ

072-996-4130

◆問合せフォームからのお問い合わせは

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

前の記事へ

壊れたネックレスを直したい人必見!留め具の修理には時間がかかる?

「大事にしていたネックレスが壊れちゃった…」
ネックレスは結構切れやすいもの。洋服を脱ぐときに引っ掛けたり子どもに引きちぎられたりするといとも簡単に切れてしまいます。
しかし、ここで「自分で直してみよう!」と思い立つのは非常に危ないです。なぜなら、ネックレスの修理を自分で行うと、修理したい箇所以外の他の部分が壊れてしまう可能性が高いからです。
ネックレスの中でも留め具が壊れてお困りの方は、自分で直すのではなく、ネックレスを修理してもらえる会社にお願いするのが無難です。
そこで今回は、壊れたネックレスの中でも、留め具が外れてしまった・なくなってしまったものを修理会社に持っていくと、修理に時間がかかるのか否かを見極めるポイントをお伝えします!

■どれくらいの時間で修理できるかどうか見極めるポイント
ネックレスの留め具は繊細で、簡単に取れたりなくなったりしますよね。
そんな留め具の修理にかかる時間を見極めるポイントはズバリ、「どんな種類の留め具を使っているか」です。

◇すぐに修理ができる留め具
引き輪とプレートでできている留め具は、宝石店に持っていけばすぐに修理が可能です。
これは最もよく使われているタイプで、様々なブランド・タイプのネックレスに用いられています。
素材や大きさはものによって異なりますので、お持ちのネックレスに合わせた引き輪とプレートに交換修理します。
ここで、「会社で修理を頼んだら費用がかさばってしまうのでは?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
ご安心ください。当社では、引き輪・プレート交換が、すぐに対応可能となっております。値段について質問がございましたら、修理前にご相談ください。

◇修理に時間がかかる留め具
修理に時間がかかる留め具は大きく分けて3種類あります。
・中折金具…喜平ネックレスによく使われる留め具。受け側にかけ、折り返して留めるタイプのもの。
・差し込みクラスプ…留め具を差し込んで留めているもの。どこに留め具があるのか分からないようになっている。
・パールクラスプ…パールネックレスに使われる留め具。花形の金具に差し込んでいるため、修理が難しい。
これら3種類の留め具は修理に時間がかかるものです。中折金具はお見積り次第で時間や値段が変わります。差し込みクラスプとパールクラスプは10日程かかると考えておいてください。

■留め具の修理は修理会社に任せよう
上でご紹介した引き輪とプレートでできているネックレスはすぐに修理が可能です。ジュエリーキクヤなら、気になる価格も安く済みます。
反対に、中折金具、差し込みクラスプ、パールクラスプの修理は、多少時間がかかってしまいます。
しかしながら、費用や時間がかかるからといって、ご自分で留め具を修理されては、大切なネックレスをより一層使えないものにしてしまう恐れがあります。
ですので、ネックレスの留め具の修理は簡単だと思っても、修理会社に依頼することをおすすめします。

ここまで、ネックレスの留め具の種類によって修理にかかる時間が異なるということをご説明してきました。
壊れたネックレスの留め具の修理に迷われている方は、ぜひ一度ジュエリーキクヤにご相談ください。

◆◇◆ジュエリーキクヤ情報◆◇◆

ジュエリーリフォーム情報が200点以上!きっとあなたのお好みのデザインが見つかる
リフォームページ

ジュエリーキクヤのオリジナルジュエリー 素材からこだわって制作してます
ジュエリーページ

社長が日々起こったことを書き綴ります。毎月2000発行のキクヤ通信WEB版
キクヤ通信

指輪サイズ直し、時計電池交換、などジュエリー時計の修理ならおまかせ下さい!
修理ページ

ジュエリーリフォームをご利用いただきましたお客様の声
お客様の声

皆様からお寄せいただきましたご質問からよくあるもの
よくあるご質問

ジュエリーキクヤへのご相談・お問い合わせはこちら

◆お電話でのお問い合わせ

072-996-4130

◆問合せフォームからのお問い合わせは

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

次の記事へ

テーマ一覧

アーカイブ一覧

二代目ブログ
キクヤ通信
  • facebook
  • Twitter
  • アメブロ
TOPへ
TOPへ