December / 2017

年末のご挨拶

拝啓
ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

今年はやってきたことが少しずつ実を結んだ一年でした。特に力を入れてきたジュエリー時計のリペア(修理)では府外からご依頼をいただくお客様も増え、過去最高のご依頼をいただくことができました。

また、年末ではありましたがこれからチャレンジしていく新しい分野への種まきもできました。

人とのつながりのおかげで少しずつ前に進んでいます。

これからも地域にしっかりと根付き、ジュエリーとのおつきあいのお手伝いをさせていただきたいと考えております。どうかこれからも末永くよろしくお願いいたします。

よいお年をおむかえください。
敬具

ソフィキクヤスタッフ一同
追伸、年明けは5日(金)から営業します。

 

 

◆◇◆ジュエリーキクヤ情報◆◇◆

ジュエリーリフォーム情報が200点以上!きっとあなたのお好みのデザインが見つかる
リフォームページ

ジュエリーキクヤのオリジナルジュエリー 素材からこだわって制作してます
ジュエリーページ

社長が日々起こったことを書き綴ります。毎月2000発行のキクヤ通信WEB版
キクヤ通信

指輪サイズ直し、時計電池交換、などジュエリー時計の修理ならおまかせ下さい!
修理ページ

ジュエリーリフォームをご利用いただきましたお客様の声
お客様の声

皆様からお寄せいただきましたご質問からよくあるもの
よくあるご質問

ジュエリーキクヤへのご相談・お問い合わせはこちら

◆お電話でのお問い合わせ

072-996-4130

◆問合せフォームからのお問い合わせは

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

壊れたネックレスを直したい人必見!留め具の修理には時間がかかる?

「大事にしていたネックレスが壊れちゃった…」
ネックレスは結構切れやすいもの。洋服を脱ぐときに引っ掛けたり子どもに引きちぎられたりするといとも簡単に切れてしまいます。
しかし、ここで「自分で直してみよう!」と思い立つのは非常に危ないです。なぜなら、ネックレスの修理を自分で行うと、修理したい箇所以外の他の部分が壊れてしまう可能性が高いからです。
ネックレスの中でも留め具が壊れてお困りの方は、自分で直すのではなく、ネックレスを修理してもらえる会社にお願いするのが無難です。
そこで今回は、壊れたネックレスの中でも、留め具が外れてしまった・なくなってしまったものを修理会社に持っていくと、修理に時間がかかるのか否かを見極めるポイントをお伝えします!

■どれくらいの時間で修理できるかどうか見極めるポイント
ネックレスの留め具は繊細で、簡単に取れたりなくなったりしますよね。
そんな留め具の修理にかかる時間を見極めるポイントはズバリ、「どんな種類の留め具を使っているか」です。

◇すぐに修理ができる留め具
引き輪とプレートでできている留め具は、宝石店に持っていけばすぐに修理が可能です。
これは最もよく使われているタイプで、様々なブランド・タイプのネックレスに用いられています。
素材や大きさはものによって異なりますので、お持ちのネックレスに合わせた引き輪とプレートに交換修理します。
ここで、「会社で修理を頼んだら費用がかさばってしまうのでは?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
ご安心ください。当社では、引き輪・プレート交換が、すぐに対応可能となっております。値段について質問がございましたら、修理前にご相談ください。

◇修理に時間がかかる留め具
修理に時間がかかる留め具は大きく分けて3種類あります。
・中折金具…喜平ネックレスによく使われる留め具。受け側にかけ、折り返して留めるタイプのもの。
・差し込みクラスプ…留め具を差し込んで留めているもの。どこに留め具があるのか分からないようになっている。
・パールクラスプ…パールネックレスに使われる留め具。花形の金具に差し込んでいるため、修理が難しい。
これら3種類の留め具は修理に時間がかかるものです。中折金具はお見積り次第で時間や値段が変わります。差し込みクラスプとパールクラスプは10日程かかると考えておいてください。

■留め具の修理は修理会社に任せよう
上でご紹介した引き輪とプレートでできているネックレスはすぐに修理が可能です。ジュエリーキクヤなら、気になる価格も安く済みます。
反対に、中折金具、差し込みクラスプ、パールクラスプの修理は、多少時間がかかってしまいます。
しかしながら、費用や時間がかかるからといって、ご自分で留め具を修理されては、大切なネックレスをより一層使えないものにしてしまう恐れがあります。
ですので、ネックレスの留め具の修理は簡単だと思っても、修理会社に依頼することをおすすめします。

ここまで、ネックレスの留め具の種類によって修理にかかる時間が異なるということをご説明してきました。
壊れたネックレスの留め具の修理に迷われている方は、ぜひ一度ジュエリーキクヤにご相談ください。

◆◇◆ジュエリーキクヤ情報◆◇◆

ジュエリーリフォーム情報が200点以上!きっとあなたのお好みのデザインが見つかる
リフォームページ

ジュエリーキクヤのオリジナルジュエリー 素材からこだわって制作してます
ジュエリーページ

社長が日々起こったことを書き綴ります。毎月2000発行のキクヤ通信WEB版
キクヤ通信

指輪サイズ直し、時計電池交換、などジュエリー時計の修理ならおまかせ下さい!
修理ページ

ジュエリーリフォームをご利用いただきましたお客様の声
お客様の声

皆様からお寄せいただきましたご質問からよくあるもの
よくあるご質問

ジュエリーキクヤへのご相談・お問い合わせはこちら

◆お電話でのお問い合わせ

072-996-4130

◆問合せフォームからのお問い合わせは

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

前の記事へ

指輪のリフォームは一筋縄ではいかない!?リフォームを断られやすい指輪があるって知ってた?

指輪のジュエリーリフォームを検討されている方は多いのではないでしょうか。
リフォームの定番はダイヤモンドの立て爪結婚指輪ですが、それ以外の指輪もリフォームされています。

しかし、宝石の種類や指輪のデザインによっては、リフォーム依頼を断られることもあるんです。

そこで、リフォームやサイズ直しをする側にとって扱いづらい指輪として、2種類の指輪のデザインと壊れやすい宝石をご紹介します。

あなたの指輪がそれに当てはまっていないか確認してください。

■扱いづらいデザイン1:石が金属部に埋まっている

伏せこみ留と呼ばれる石がすっかり金属部に埋まっている構造の指輪は石をいったん取り外すのが大変です。

ダイヤモンドのような堅い宝石であればまだしも、エメラルドのような割れやすい宝石はリフォームを断られる可能性が極めて高いでしょう。

伏せこみ型のようなすっかり埋まっているものでなくても、半分埋まっているというだけで難易度が上がります。

対照的に、宝石を爪で固定しているような指輪は宝石を取り外しやすいのでリフォーム向きです。

立て爪タイプが多い結婚指輪は、形の上ではまさにリフォーム向きでしょう。

覆輪(ふくりん)留めという、宝石を地金で囲い込んだタイプも注意が必要です。

こちらもかなり硬い石でなければ宝石を中から取り出せないからです。

■扱いづらいデザイン2:地金部分にびっしり宝石が並んでいる

サイズ直しに多いですが、アーム部分をいじりたいときに、パヴェセッティングなどのアームの地金にびっしり宝石が埋まっているものだと、それを全て外さなければならないため、かなりの労力を要します。

それでも、ダイヤモンドなどの硬い宝石であればまだ引き受けてもらえるでしょう。

■壊れやすい宝石

壊れやすい宝石は、上で紹介した難しいデザインはもちろん、デザインとしては難しくないものでも断られる恐れがあるので覚悟が必要です。

壊れやすい宝石の代表格としては、エメラルド・クンツァイト・ムーンストーン・トパーズ・オパールが挙げられます。

ちなみに、ダイヤモンドは硬い宝石として有名ですが、劈開と呼ばれある一定方向に力を加えると割れてしまうことがあるため、油断はできません。

 

あなたの指輪は扱いづらいものに当てはまっていたでしょうか?
残念ながら扱いづらいと判断された指輪にも希望があります!

「ジュエリーのキクヤ」ではエメラルドなどの難しいジュエリーでもリフォームしてきた実績があります。

まずはあなたのジュエリーとともにご相談にお越しください!

◆◇◆ジュエリーキクヤ情報◆◇◆

ジュエリーリフォーム情報が200点以上!きっとあなたのお好みのデザインが見つかる
リフォームページ

ジュエリーキクヤのオリジナルジュエリー 素材からこだわって制作してます
ジュエリーページ

社長が日々起こったことを書き綴ります。毎月2000発行のキクヤ通信WEB版
キクヤ通信

指輪サイズ直し、時計電池交換、などジュエリー時計の修理ならおまかせ下さい!
修理ページ

ジュエリーリフォームをご利用いただきましたお客様の声
お客様の声

皆様からお寄せいただきましたご質問からよくあるもの
よくあるご質問

ジュエリーキクヤへのご相談・お問い合わせはこちら

◆お電話でのお問い合わせ

072-996-4130

◆問合せフォームからのお問い合わせは

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

次の記事へ

テーマ一覧

アーカイブ一覧

二代目ブログ
キクヤ通信
  • facebook
  • Twitter
  • アメブロ
TOPへ
TOPへ